Recently
Archive
Category
Link
Profile


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--) - スポンサー広告


ライヴ

夢のような三日間が終ってしまいました(さみしい)
ずっとシオンでよかったな。ライヴにいくたびそう思う

だけどさ。はぁ。ため息。
よりによってこんな大事な夜に
あたしのあんぽんたんな話し
よかったら聞いてください。長いけど(-。-;)
最終日の室蘭のお話しです

私の中では予定通り、ちょっと早めに着いた(つもり)
帯広→室蘭の想像を越える長い移動距離&時間に
やっとこ辿り着いたライヴハウスの階段で、ほっと一息つこうとしたら
なんとシオンの生声が聞こえてくるじぁありませんかっ!
「こんな時間に、まだリハーサルやってる!」と
心の中で大きなハートマークを作り
シオンに合わせて口ずさんだりして。誰も居ない階段で。たった一人で。
こんな状況も「アタシの為に♪」なんて能天気に妄想したものだから
開場を待つお客さんがひとりも居ない事に何一つ疑問を抱く訳もなく
ただただシオンの声にどっぷり酔いしれ....だけど、そんなアタシに悪夢が訪れたのは
シオンの声が途切れた瞬間
リハで(思い込み)聞こえるはずのない歓声と拍手が。そうお客さんの(-。-;)あ...!!
時間、間違えたらららぁ,,,,,
o(T^T)o
泣きそうになりながら慌てて階段を駆け上がる。そして
ライヴハウスの入口の自動ドアがガガガーと音を立てて開いた瞬間
眩しい光とともにステージに立つシオンと
一斉にこちらを向くお客さんの姿が目に飛び込む
びっくりしたアタシは後ろにあったシオンの看板と一緒に後ずさり.....
あり得ないです。最悪です。一瞬、注目です。半べそです。
こんな大事な夜にやらかしてしまったのです.....泣

でもシオンは優しかったよ
「いらっしゃい!」と声をかけてくれた
お客さんも拍手?で迎えてくれた
緊張メーター振り切れそうになったアタシは
カバンの中のチケットを見つけられずモタモタしてると
マスターの奥様が優しく
「大丈夫だよっ」って声をかけてくれた。
ほっとして泣きそうになった
クスン(U_U)
その間もシオンはモタモタしてるアタシが席につくまで歌うのを待っててくれたんだって・泣
そんな事にすら気づかなかった愚かなあたす
自分のボケボケさ加減に、ほどほど呆れながら無事、席に着く事はできたけど
ほんと申し訳なかったなっと
あの場所に居たみなさんごめんなさい。せっかく盛り上がっていたのに水を差して
シオンも文さんもごめんなさい。
死んでも治らないや.....

それ以外はね。ほんと最高だったんだよ。
文さんのギターにドキドキして、心に沁みるシオンの歌に
その時、感じたいろんな思いや
あの時、見た景色なんかが思い浮かんでは鼻の奥がツーンとしたり
泣いたり笑ったり、シオンのあったかい気持ちが沢山詰まったほんといいライヴだったな。

それから長年の夢も叶ったんだ。それはね
シオンにアタシが描いた絵をプレゼントする事
私なんかの絵を本人に
しかも本人を描いた絵をプレゼントするなんて恐れ多いと何年も思っていたんだけど....
覚悟を決めました。なんでだか。
ライヴぎりぎりまで描いたシオンのお父さんとお母さんの絵と
永瀬君が(永瀬正敏)シオンを撮った写真の絵も
シオンに手渡しする事ができた。(神様、背中を押してくれてありがとう)
シオンになでなでしてもらった頭は一生洗えないな。1番のクリスマスプレゼントになった。


12:8-1
海沿いの街をずっと走ったのです(だからよけいに遠かったという噂もちらほら)

今回、家族の協力のもと(ありがとう感謝してます)シオンの北海道ツアー三カ所参戦したんだけど
今更ながら北海道の大きさ広さを実感した三日間でもあります
移動をしながらつくづく思った。かなりハードでした...
でも、その疲れをも吹き飛ばすくらいの大きなパワーがシオンのライヴにあったよ
行ってよかったほんとよかった
シオンや文さんスタッフのみなさんも大変だっただろうな......
ほんっとお疲れさまです!
心に残るステキなライヴをありがとうシオン
また来年、絶対来てね
皆で待ってるからー!!!

カラダは疲れたけれど心は満タン


なんか今日はこれ。


2008.12.08(Mon) - sionがすきだぁ





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。